2『アピール』
 守備側チームが攻撃側チームの規則に反した行為を指摘して審判員に対してアウトを主張し、その承認を求める行為である。
3『ボーク』
 塁上にランナーがいるときのピッチャーの反則行為である。その場合には、全ランナーに各1個の進塁を許す。(6.02a)
4『ボール』
 ストライクゾーンを通過しなかった投球、または地面に触れた投球で、いずれもバッターが打たなかったものである。
 投球が地面に触れた後、ストライクゾーンを通過しても“ボール”である。
5『ベース(塁)』
 ランナーが得点するために、触れなければならない4つの地点の一つである。通常その地点を表示するために、キャンバスバッグとゴムの平板が用いられる。
6『ベースコーチ』
 1塁または3塁のコーチスボックス内に位置して、バッターまたはランナーを指図する、ユニフォーム着用したチームの一員をいう。(5.03)
7『ベースオンボールス(フォアボール)』
 バッターが攻撃中にボール4個を得て、1塁へ進むことが許される裁定である。(5.05b1)
9『バッターランナー(打者走者)』
 打撃を終わったバッターがアウトになるまでか、またはランナーとなったことに対するプレイが終了するまでの間を指す術語である。
10『バッタースボックス』
 バッターが打撃に際して立つべき場所である。
13『バント』
 バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球である。
14『コールドゲーム』
 どのような理由にせよ、球審が打ち切りを命じた試合である。(7.01)
15『キャッチ(捕球)』
 野手がインフライトの打球、投球または送球を手またはグラブでしっかりと受け止め、かつ、それを確実につかむ行為であって、帽子、プロテクターあるいはユニフォームのポケットまたは他の部分で受け止めた場合は捕球とはならない。またボールに触れると同時、あるいはその直後に他のプレーヤーや壁と衝突したり倒れた結果、落球した場合は捕球ではない。野手が飛球に触れ、そのボールが攻撃チームのメンバーまたは審判員に当たった後に、いずれの野手がこれを捕らえても捕球とはならない。野手がボールを受け止めた後、これに続く送球動作に移ってからボールを落とした場合は、捕球と判定される。要するに、野手がボールを手にした後、ボールを確実につかみ、かつ、意識してボールを手放したことが明らかであれば、これを落とした場合でも捕球と判定される。(5.09a1)
「原注」野手がボールを地面に触れる前に捕らえれば、正規の捕球となる。その間、ジャッグルしたり、あるいは他の野手に触れることがあっても差し支えない。ランナーは、最初の野手が飛球に触れた瞬間から塁を離れて差し支えない。野手はフェンス、手すり、ロープなど、グラウンドと観客席との境界線を越えた上空へ身体を伸ばして飛球を捕らえることは許される。また野手は手すりの頂上やファウルグラウンドにおいてある、キャンバスの上に飛び乗って飛球を捕らえることも許される。しかし野手がフェンス、手すり、ロープなどを越えた上空やスタンドへ身体を伸ばして飛球を捕らえようとすることは危険を承知で行うプレイだから、たとえ観客にその飛球を妨げられても観客の妨害行為に対してはなんら規則上の効力は発生しない。ダッグアウトの縁で飛球を捕らえようとする野手が中へ落ち込まないように中にいるプレーヤー(いずれのチームかを問わない)によって身体を支えられながら捕球した場合正規の捕球となる。
「注」キャッチャーが身に着けているマスク、プロテクターなどに触れてからはね返ったフライを地面に落とさず捕らえれば、正規の捕球となる。(ファウルチップについては、定義34参照)ただし、手またはミット以外のもの、例えばプロテクターあるいはマスクを用いて捕らえたものは正規の捕球とはならない。
17『キャッチャースボックス』
 ピッチャーが投球するまで、キャッチャーが位置すべき場所である。
23『ダブルプレイ(併殺)』
 守備側プレーヤーが連続した動作で、2人の攻撃側プレーヤーをプットアウトにするプレイであるが、この2つのプットアウトの間にエラーが介在したものはダブルプレイとみなされない。(9.11)
(a)フォースダブルプレイは、フォースアウトの連続によるダブルプレイである。
(b)リバース・フォースダブルプレイは、その第一アウトがフォースプレイで行われ、第二アウトがフォースアウトされるはずのランナーに対して行われたダブルプレイである。
 例:1死ランナー1塁、バッターが1塁手にゴロを打ち、打球をつかんだ1塁手が1塁に触れ(2死)、続いて2塁手または遊撃手に送球してランナーをアウト(タッグプレイ)にした場合。
 例:無死満塁、バッターが3塁手にゴロを打ち、打球をつかんだ3塁手が3塁に触れ(1死)、続いてキャッチャーに送球して3塁ランナーをアウト(タッグプレイ)にした場合。
25『フェアボール』
 バッターが正規に打ったボールで、次に該当するもの。
(a)本塁1塁間、または本塁3塁間のフェア地域内に止まったもの。
(b)1塁または3塁を、バウンドしながら外野の方へ越えていく場合に、フェア地域内に触れながら通過するか、またはその上方空間を通過したもの。
(c)1塁、2塁または3塁に触れたもの。
(d)最初に落ちた地点が1塁2塁および2塁3塁を結ぶ線上であったか、あるいはその線を越えた外野の方のフェア地域内であったもの。
(e)フェア地域内またはその上方空間で、審判員またはプレーヤーに触れたもの。
(f)インフライトの状態でプレイングフィールドを越えていく場合に、フェア地域の上方空間を通過したもの。
 フェア飛球はボールとファウルライン(ファウルポールを含む)との、相互の位置によって判定しなければならない。野手がボールに触れたときにフェア地域にいたか、ファウル地域にいたかによって判定してはならない。
「原注」飛球が最初1・本塁間または3・本塁間の内野に落ちても、1塁または3塁を通過する前にプレーヤーまたは審判員に触れないでファウル地域へ転じ去った場合はファウルボールである。 飛球がファウル地域で止まるかファウル地域でプレーヤーに触れた場合も、ファウルボールである。 飛球が1塁または3塁ベースに当たるか、あるいは1塁または3塁を越えた外野のフェア地域に落ちれば、その後ファウル地域にバウンドして出た場合でもフェアボールである。 審判員がフェア、ファウルを正確に判定できるようにファウルボールのフェンスより上に出ている部分に、フェア地域に向かって金網を張り出して取り付けることが望ましい。
「注」打球が地面以外のもの、例えばバッターが捨てたバット、キャッチャーが外したマスクなどにフェア地域で触れたときは、ボールインプレイである。
「問」打球が3塁についているランナーに触れてからフェア地域に反転した場合は、いかに判定すべきか。また、これがファウル地域に反転した場合はどうか。
「答」ボールがランナーと接触した位置によってフェアかファウルかを判定すべきものであり、フェア地域で触れたときは、フェアボールである。従ってランナーはフェアの打球に触れたという理由でアウトになる。(5.09b7参照)
26『フェアテリトリー(フェア地域)』
 本塁から1塁、本塁から3塁を通って、それぞれ競技場のフェンスの下端まで引いた直線と、その各線に垂直な上方空間との内側の部分を指す。各ファウルラインは、フェア地域に含まれる。
28『フィルダースチョイス(野手選択)』
 フェアゴロを扱った野手が1塁でバッターをアウトにする代わりに、先行ランナーをアウトにしようと他の塁へ送球する行為をいう。
 また、(a)安打したバッターが、先行ランナーをアウトにしようとする野手の他の塁への送球を利して、1個またはそれ以上の塁を余分に奪った場合や、(b)あるランナーが、盗塁やエラーによらないで、他のランナーをアウトにしようとする野手の他への送球を利して進塁した場合や、(c)盗塁を企てたランナーが守備側チームが無関心のためになんら守備行為を示さない間に進塁した場合などにも(9.07g)これらのバッターまたはランナーの進塁を記録上の用語として野手選択による進塁という。
30『フォースプレイ』
 バッターがランナーとなったために塁上のランナーが、規則によってその塁の占有権を失ったことが原因となって生じるプレイである。(5.09b6)
「注」次の原注に述べられているフォースプレイによるアウト、すなわちフォースアウト(封殺)と得点との関係は、5.08に明示されている。
「原注」フォースプレイを理解するために最も注意を要する点は、最初はフォースの状態であってもその後のプレイによってはフォースの状態でなくなることがある。
例:1死満塁、バッターが1塁に強いゴロを放ったが、1塁手がこれを止めて直ちに塁に触れ、バッターをアウトにすればフォースの状態でなくなるから、2塁に向かって走っているランナーはタッチされなければアウトにはならない。従って1塁ランナーが2塁でタッチアウトになる前に、2塁、3塁にいたランナーが本塁を踏んだ場合には、この得点は認められる。しかし、これに反して、ゴロを止めた1塁手が直ちに2塁に送球して1塁ランナーをフォースアウトにした後、さらに1塁への返球でバッターもアウトにして3死となった場合には、2塁、3塁のランナーが本塁を踏んでいても得点とは認められない。
例:フォースアウトでない場合とは、1死ランナー1・3塁のとき、バッターは外野に飛球を打ってアウトになり2死となった。3塁に触れていたランナーは捕球を見て本塁を踏んだ。しかし、1塁のランナーは捕球当時離塁していたので帰塁しようとしたが、外野手からの返球で1塁アウトになり3死となった。この場合はフォースアウトではないから、1塁ランナーのアウトより前に、3塁ランナーが本塁に触れたと審判員が認めれば、その得点は記録される。
31『フォーフィッテッドゲーム(没収試合)』
 規則違反のために、球審が試合終了を宣告して、9対0で過失のないチームに勝ちを与える試合である。(7.03)
32『ファウルボール』
 打球が正規に打ったボールで、次に該当するものをいう。
(a)本・1塁間または本・3塁間のファウル地域で止まったもの。
(b)1塁または3塁を、バウンドしながら外野の方へ越えていく場合に、ファウル地域に触れながら通過するか、あるいはファウル地域上の空間を通過したもの。。
(c)1塁叉は3塁を越えたファイル地域内に、最初に落下したもの。
(d)ファウル地域内またはその上方空間で審判員またはプレーヤーの身体、あるいは、地面以外のものに触れたもの。
 ファウル飛球は、ボールとファウルライン(ファウルポールを含む)との、相互の位置によって判定しなければならない。野手がボールに触れたときにフェア地域にいたか、ファウル地域にいたかによって判定してはならない。
「原注」野手に触れない打球が、投手板に当たり、リバウンドして本塁1塁間または本塁3塁間のファウル地域に出て止まった場合には、ファウルボールである。
「注1」バッターの所持するバットに打球(バントを含む)がファウル地域で触れたときは(もちろん故意でなく)ファウルボールである。またバッターが打ったり、バントしたボールが反転して、まだバッタースボックス内にいるバッターの身体及びその所持するバットに触れたときも、打球がバットまたは身体と接触した位置に関係なくファウルボールである。
「注2」打球が地面以外のもの、すなわちバックネットやフェンスはもちろん、バッターが捨てたバット、キャッチャーが外したマスク、地上に置いてある審判員のほうきなどにファウル地域で一旦触れれば、その後転じてフェア地域内に止まってもファウルボールである。
34『ファウルチップ』
 バッターの打ったボールが鋭くバットから直接キャッチャーの手に飛んで、正規に捕球されたもので、捕球されなかったものはファウルチップとならない。ファウルチップはストライクであり、ボールインプレイである。前記の打球が、最初にキャッチャーの手またはミットに触れておれば、はね返ったものでもキャッチャーが地面に触れる前に捕らえれば、ファウルチップとなる。(5.09a2)
「注」チップしたボールがキャッチャーの手またはミット以外の用具や身体に最初に触れてからはね返ったものは、たとえキャッチャーが地面に触れる前に捕らえても正規の捕球ではないからファウルボールとなる。
38『イリーガルピッチ(反則投球)』
(1)ピッチャーが、投手板に触れないで投げたバッターへの投球、(2)クイックリターンピッチをいう。=ランナーが塁にいるときに反則投球をすれば、ボークとなる。
「注」ピッチャーが5.07(a)(1)及び(2)に規定された投球動作に違反して投球した場合も、反則投球となる。
40『インフィールドフライ』
 無死または1死でランナーが1・2塁、1・2・3塁にあるとき、バッターが打った飛球(ライナー及びバントを企てて飛球となったものを除く)で内野手が普通の守備行為をすれば捕球できるものをいう。この場合、ピッチャー、キャッチャー及び外野手が内野で前記の飛球に対して守備したときは、内野手と同様に扱う。
 審判員は、打球が明らかにインフィールドフライになると判断した場合には、ランナーが次の行動を容易にとれるように、直ちに”インフィールドフライ”を宣告しなければならない。また打球がベースラインの近くに上がった場合には”インフィールドフライ・イフ・フェア”を宣告する。
 インフィールドフライが宣告されてもボールインプレイであるから、ランナーは離塁しても進塁してもよいが、そのフライが捕らえられればリタッチの義務が生じ、これを果たさなかった場合には普通のフライの場合と同様アウトにされる恐れがある。
 たとえ審判員の宣告があっても、打球がファウルボールとなれば、インフィールドフライとはならない。
 インフィールドフライと宣告された打球が、最初に(何物にも触れないで)内野に落ちても、ファウルボールとなれば、インフィールドフライとはならない。またこの打球が、最初に(何物にも触れないで)ベースラインの外へ落ちても、結局フェアボールとなれば、インフィールドフライとなる。
「原注」審判員はインフィールドフライの規則を適用するにあたって、内野手が普通の守備行為をすれば捕球できるかどうかを基準とすべきであって、例えば、芝生やベースラインなどを勝手に境界線として設定すべきではない。たとえ、フライが外野手によって処理されても、それは内野手によって容易に捕球されるはずだったと審判員が判断すればインフィールドフライとすべきである。インフィールドフライはアピールプレイであると考えられるような要素はどこにもない。審判員の判断が優先し、その決定は直ちに下さなければならない。インフィールドフライが宣告されたとき、ランナーは危険を承知で進塁してもよい。インフィールドフライと宣告された飛球を内野手が故意落球したときは5.09(a)(12)の規定にもかかわらずボールインプレイである。インフィールドフライの規則が優先する。
 インフィールドフライが宣告されたときに妨害が発生した場合、打球がフェアかファウルかが確定するまでボールインプレイの状態は続く。打球がフェアになれば、野手の守備を妨害したランナーと、バッターがアウトになる。打球がファウルになれば、野手の守備を妨害したランナーだけがアウトになり、その打球がキャッチされたとしても、バッターは打ち直しとなる。
「注」インフィールドフライは、審判員が宣告して初めて効力を発する。
44『インターフェアランス(妨害)』
(a)攻撃側の妨害
  攻撃側プレーヤーがプレイしようとしている野手を妨げたり、遮ったり、阻んだり、混乱させる行為である。(6.01aペナルティ参照)
(b)守備側の妨害
 投球を打とうとするバッターを妨げたり、邪魔をする野手の行為をいう。
(c)審判員の妨害
(1)盗塁を阻止しようとしたり、塁上のランナーをアウトにしようとするキャッチャーの送球動作を、球審が邪魔したり、阻んだり、妨げた場合、(2)バッターが、野手(ピッチャーを除く。)を通過する前に、フェア地域で審判員に触れた場合に起こる。
(d)観衆の妨害
 観衆がスタンドから乗り出したり、または競技場内に入って、(1)インプレイのボールに触れた場合、(2)インプレイのボールを守備しようとしている野手に触れたり、邪魔をした場合に起こる。
51『オブストラクション(走塁妨害)』
 野手がボールを持たないときか、あるいはボールを処理する行為をしていないときに、ランナーの走塁を妨げる行為である。(6.01h1・2)
「原注」ここでいう“野手がボールを処理する行為をしている”とは、野手がまさに送球を捕ろうとしているか送球が直接野手に向かってきており、しかも十分近くにきていて、野手がこれを受け止めるにふさわしい位置を占めなければならなくなった状態をいう。これは、一つに審判員の判断に基づくものである。野手がボールを処理しようとして失敗した後は、もはやボールを処理している野手とはみなされない。例えば、野手がゴロを捕ろうとして飛びついたが捕球できなかった。ボールは通り過ぎていったのにもかかわらずグラウンドに横たわったままでいたので、ランナーの走塁を遅らせたような場合、その野手は走塁妨害をしたことになる。
57『オーバースライド・オーバースライディング』
 攻撃側プレーヤーが滑り込みの余勢のために塁から離れてアウトにされる恐れのある状態におけれる行為をいう。本塁から1塁に進む場合には直ちに帰ることを条件として、滑り込みの余勢のために塁を離れることは許されている。
60『ピッチ(投球)』
 ピッチャーがバッターに対して投げたボールをいう。
「原注」あるプレーヤーから他のプレーヤーに送られるボールは、すべて送球である。
64『クイックリターンピッチ』
 バッターの虚をつくことを意図した投球をいう。これは反則投球である。
66『リタッチ』
 ランナーが、規則によって、帰塁しなければならない塁へ帰る行為をいう。
「注」”リタッチ”には、飛球が捕えられたときに離塁していたランナーが、進塁の起点となった塁に帰塁する行為と、飛球が打たれたとき塁にタッチしていて、野手が捕球したのを見て次塁へスタートする行為の二つがある。(5.09b5、5.09c参照)
73『ストライク』
 次のような、ピッチャーの正規な投球で、審判員によって”ストライク”と宣告されたものをいう。
(a)バッターが打った(バントの場合も含む)が、投球がバットに当たらなかったもの。
(b)バッターが打たなかった投球のうちボールの一部分がストライクゾーンのどの部分でもインフライトの状態で通過したもの。
(c)ノーストライクまたは1ストライクのとき、バッターがファウルしたもの。
(d)バントして、ファウルボールとなったもの。
「注」普通のファウルは2ストライクの後はストライクとして数えられないがバントのファウルに限ってボールカウントには関係なく常にストライクとして数えられるから2ストライク後にバントしたものがファウルボールとなればバッターは三振となる。ただし、バントがフライとして捕らえられた場合は、フライアウトとなる。
(e)バッターが打った(バントした場合も含)が投球がバットに触れないでバッターの身体またはユニフォームに触れたもの。
(f)バウンドしない投球がストライクゾーンでバッターに触れたもの。
(g)ファウルチップになったもの。
74『ストライクゾーン』
 バッターの肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。
 このストライクゾーンはバッターが打つための姿勢で決定されるべきである。
「注」投球を待つバッターが、いつもと異なった打撃姿勢をとってストライクゾーンを小さく見せるためにかがんだりしても、球審は、これを無視してそのバッターが投球を打つための姿勢に従って、ストライクゾーンを決定する。
76『タッグ(触球)』
 野手が、手またはグラブに確実にボールを保持してその身体を塁に触れる行為、あるいは確実に保持したボールをランナーに触れるか、手またはグラブに確実にボールを保持して、その手またはグラブ(ひもだけの場合は含まない)をランナーに触れる行為をいう。
 しかし、塁またはランナーに触れると同時、あるいはその直後に、ボールを落とした場合は、”触球”ではない。
 野手が塁またはランナーに触れた後、これに続く送球動作に移ってからボールを落とした場合は、”触球”と判定される。
 要するに、野手が塁またはランナーに触れた後、ボールを確実につかんでいたことが明らかであれば、これを落とした場合でも、”触球”と判定される。
77『スロー送球』
 ある目標に向かって、手及び腕でボールを送る行為をいい、常にピッチャーのバッターへの投球(ピッチ)と区別される。
79『タイム』
 正規にプレイを停止させるための審判員の宣告であり、その宣告によってボールデッドとなる。
80『タッチ』
 プレーヤーまたは審判員の身体はもちろん、着用しているユニフォームその着衣あるいは用具のどの部分に触れても、”プレーヤーまたは審判員に触れた”ことになる。