6.04 『競技中のプレーヤーの禁止事項』
(a)監督、プレーヤー、控えのプレーヤー、コーチ、トレーナー及びバットボーイは、どんなときでも、ベンチ、コーチスボックス、その他競技場のどの場所からも、次のことをしてはならない。
(1)言葉、サインを用いて、観衆を騒ぎ立たせるようにあおったり、あおろうとすること。
(2)どんな方法であろうとも、相手チームのプレーヤー、審判員または観衆に対して、悪口をいったりまたは暴言を吐くこと。
(3)ボールインプレイのときに、”タイム”と叫ぶか、他の言葉または動作で明らかにピッチャーにボークを行わせようと企てること。
(4)どんな形であろうとも、審判員に故意に接触すること。(審判員の身体に触れることはもちろん、審判員に話しかけたり、なれなれしい態度をとること。)
(b)ユニフォームを着用者は、次のことが禁じられる。
(1)プレーヤーが、試合前、試合中、または試合終了後を問わず、観衆に話しかけたり、席を同じくしたり、スタンドに座ること。
(2)監督、コーチまたはプレーヤーが、試合前、試合中を問わず、いかなるときでも観衆に話しかけたり、または相手チームのプレーヤーと親睦的態度をとること。
「注」アマチュア野球では、次の試合に出場するプレーヤーがスタンドで観戦することを特に許す場合もある。
「C」野手は、バッターの目のつくところに位置して、スポーツ精神に反する意図で故意にバッターを惑わしてはならない。
ペナルティ 審判員は反則者を試合から除き、競技場から退かせる。なおピッチャーがボークをしても無効とする。
(d)監督、プレーヤー、コーチまたはトレーナーは、試合から除かれた場合、直ちに競技場を去り、以後その試合にたずさわってはならない。
 試合から除かれた者はクラブハウス内にとどまっているか、ユニフォームを脱いで野球場構内から去るか、あるいはスタンドに座る場合には、自チームのベンチまたはブルペンから離れたところに席をとらなければならない。
「原注」出場停止処分中の監督、コーチ、プレーヤーは、試合中ダッグアウト、クラブハウス、新聞記者積に入ることはできない。
(e)ベンチにいる者が、審判員の判定に対して激しい不満の態度を示した場合は、審判員は、まず、警告を発し、この警告にもかかわらず、このような行為が継続された場合には、次のペナルティを適用する。
ペナルティ 審判員は、反則者にベンチを退いてクラブハウスに行くことを命ずる。もし、審判員が反則者を指摘することができなければ、控えのプレーヤーを全部ベンチから去らせる。しかし、この場合そのチームの監督には試合に出場しているプレーヤーと代えるために必要な者だけを競技場に呼び戻す特典が与えられる。