6.02 『ピッチャーの反則行為』
(a)ボーク
 塁にランナーがいるときは、次の場合ボークとなる。
(1)投手板に触れているピッチャーが投球に関連する動作を起こしながら投球を中止した場合。
「原注」左投げ、右投げ、いずれのピッチャーでも自由な足を振って投手板の後縁を越えたらバッターへ投球しなければならない。ただし、2塁ランナーのピックオフプレイのために2塁へ送球することは許される。
(2)投手板に触れているピッチャーが、1塁または3塁に送球する真似だけして実際に送球しなかった場合。
「注」ピッチャーが投手板に触れているとき、ランナーのいる2塁へは、その塁の方向に直接ステップすれば儀投してもよいが、1塁または3塁とバッターへの儀投は許されない。ピッチャーが軸足を投手板の後方へはずせばランナーのいるどの塁へもステップしないで儀投してもよいが、バッターだけは許されない。
(3)投手板に触れているピッチャーが塁に送球する前に足を直接その塁の方向に踏み出さなかった場合。
「原注」投手板に触れているピッチャーは塁に送球する前には直接その塁の方向に自由な足を踏み出すことが要求されている。ピッチャーが実際に踏み出さないで自由な足の向きを変えたり、ちょっと上に上げて回したり、または踏み出す前に身体の向きを変えて送球した場合ボークである。ピッチャーは、塁に送球する前に塁の方向へ直接踏み出さなければならず、踏み出したら送球しなければならない。(2塁については例外。)
 ランナー1・3塁のとき、ピッチャーがランナーを3塁に戻すために3塁へ踏み出したが実際に送球しなかったら(軸足は投手板に触れたまま)ボークとなる。
(4)投手板に触れているピッチャーがランナーのいない塁へ送球したり送球する真似をした場合。
  ただし、プレイの必要があれば差し支えない。
「原注」ピッチャーがランナーのいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合、審判員は、それが必要なプレイかどうかを、ランナーがその塁に進もうとしたか、あるいはその意図が見られたかで判断する。
「問」ランナー1塁のときランナーのいない2塁に送球したり、または送球する真似をしたらボークか。
「答」ボークである。しかし1塁ランナーが2塁に盗塁しようとしたのを防ぐ目的で、第一動作で2塁の方向に正しく自由な足を踏み出せばボークにならない。なお、ピッチャーが投手板を正規にはずせば、ステップをしないで送球してもかまわない。
(5)ピッチャーが反則投球をした場合。
「原注」クイックピッチは反則投球である。バッターがバッタースボックス内でまだ十分な構えをしていないとき投球された場合には、審判員はその投球をクイックピッチと判定する。塁にランナーがいればボークとなり、いなければ“ボール”である。クイックピッチは危険なので許してはならない。
(6)ピッチャーがバッターに正対しないうちに投球した場合。
(7)ピッチャーが投手板に触れないで投球に関連する動作をした場合。
「問」ランナー1塁のときピッチャーが投手板をまたいだままストレッチを始めたがボールを落とした。ボークとなるか。
「答」ピッチャーが投手板に触れないで投球に関連する動作を起こしているからボークとなる。
(8)ピッチャーが不必要に試合を遅延させた場合。
「原注」本項は、6.02(c)(8)により警告を発せられたときは、適用されない。ピッチャーが遅延行為を繰り返して6.02(c)(8)により試合から除かれた場合には、あわせて本項のボークも課せられる。5.07(c)は、塁にランナーがいないときだけ適用される。
(9)ピッチャーがボールを持たないで投手板に立つかこれをまたいで立つか、あるいは投手板を離れていて投球するまねをした場合。
(10)ピッチャーが正規の投球姿勢をとった後、実際に投球するか塁に送球する場合を除いて、ボールから一方の手を離した場合。
(11)投手板に触れているピッチャーが故意であろうと偶然であろうとボールを落とした場合。
(12)故意四球が企図されたときに、ピッチャーがキャッチャースボックスの外にいるキャッチャーに投球した場合。
「注」”キャッチャースボックスの外にいるキャッチャー”とは、キャッチャーがキャッチャースボックス内に両足を入れていないことをいう。従って故意四球が企図されたときに限って、ボールがピッチャーの手を離れないうちにキャッチャーが片足でもボックスの外に出しておれば本項が適用される。
(13)ピッチャーがセットポジションから投球するに際して完全に静止しないで投球した場合。
ペナルティ (a)項各規定によってボークが宣告されたときは、ボールデッドとなり、各ランナーはアウトにされるおそれなく、1個の塁が与えられる。
 ただし、ボークにもかかわらずバッターがヒット、失策、四死球その他で1塁に達し、かつ他のずべてのランナーが少なくとも1個の塁を進んだときには、本項前段を適用しないでプレイはボークと関係なく続けられる。
「規則説明1」ピッチャーがボークをしてしかも塁または本塁に悪送球(投球を含む)した場合、塁上のランナーはボークによって与えられる塁よりもさらに余分の塁へアウトを賭して進塁してもよい。
「規則説明2」(a)項ペナルティを適用するに際して、ランナーが進塁しようとする最初の塁を空過し、アピールによってアウトを宣告されても、1個の塁を進んだものと解する。
「注」本項「規則説明1」の”悪送球”にはピッチャーの悪送球だけでなく、ピッチャーからの送球を止め損じた野手のミスプレイも含まれる。ランナーがピッチャーの悪送球または野手のミスプレイによって余塁が奪えそうな状態となり、ボークによって与えられる塁を越えて余分に進もうとしたときには、ボークと関係なくプレイは続けられる。
「6.02a原注」ボークルールの目的は、ピッチャーがランナーを意図的に騙そうとするのを防ぐためであることを審判員は心に銘記しなくてはならない。もし審判員の判断でピッチャーの”意図”に疑いを抱いたら、審判員は厳重に規則を適用すべきである。
(b)反則投球
 塁にランナーがいないときにピッチャーが反則投球をした場合には、その投球にはボールが宣告される。ただし、バッターがヒット、失策、四死球その他で1塁に達した場合は除く。
「原注」投球動作中に、ピッチャーの手から飛び出したボールがファウルラインを超えたときだけボールと宣告されるが、その他の場合は投球とみなされない。塁にランナーがいればボールがピッチャーの手から落ちたとき直ちにボークとなる。
「注」球審は、反則投球に対してボークを宣告したならば、それが反則投球によるものであることをピッチャーに指摘する。なお、6.02(c)(6)に違反した場合には、6.02(d)を適用する。
(c)ピッチャーの禁止事項
 ピッチャーは次のことを禁じられる。
(1)ピッチャーが投手板を囲む18フィートの円い場所の中で、投球する手を口または唇につけた後にボールに触れるか、投手板に触れているときに投球する手を口または唇につけること。
  ピッチャーは、ボールまたは投手板に触れる前に、投球する手の指をきれいに拭かなければならない。
「例外」天候が寒い日の試合開始前に、両チーム監督の同意があれば、審判員は、ピッチャーが手に息を吹きかけることを認めることができる。
「ペナルティ」ピッチャーが本項に違反した場合には、球審は直ちにボールを交換させ、ピッチャーに警告を発する。ピッチャーがさらに違反した場合には、ボールを宣告する。その宣告にもかかわらず、ピッチャーが投球してバッターがヒット、失策、デッドボールその他で1塁に達し、かつランナーが次塁に達するか、または元の塁に留まっていた(次塁に達するまでにアウトにならなかった)ときには、本項の違反とは関係なくプレイは続けられる。なお、違反を繰り返したピッチャーはリーグ会長から罰金が科せられる。
(2)ボール、投球する手またはグラブに唾液をつけること。
(3)ボールをグラブ、身体、着衣で摩擦すること。
(4)ボールに異物をつけること。
(5)どんな方法であってもボールに傷をつけること。
(6)(2)〜(5)で規定されている方法で傷つけたボール、いわゆるシャインボール、スピットボール、マッドボールあるいはエメリーボールを投球すること。
 ただし、ピッチャーは素手でボールを摩擦することは許される。
「注1」シャインボール=ボールを摩擦してすべすべにしたもの。
スピットボール=ボールに唾液を塗ったもの。
マッドボール=ボールに泥をなすりつけたもの。
エメリーボール=ボールをサンドペーパーでざらざらにしたもの。
 なお、ボールに息を吹きかけることも禁じれれている。
(7)ピッチャーが如何なる異物でも身体につけたり、所持すること。
「原注」ピッチャーは、いずれの手、指または手首に何もつけてはならない(たとえば、救急ばんそうこう、テープ、瞬間接着剤、ブレスレットなど)。審判員が異物と判断するかしないか、いずれの場合も、手、指または手首に何かをつけて投球することを許してはならない。
「注」我が国では、本項「原注」については、所属する団体の規定に従う。
(8)バッターがバッタースボックスにいるときに、キャッチャー以外の野手に送球して故意に試合を遅延させること。ただし、ランナーをアウトにしようと企てる場合は除く。
「ペナルティ」審判員は一度警告を発し、しかもなお、このような遅延行為が繰り返されたときには、そのピッチャーを試合から除く。
「注1」ピッチャーがキャッチャーのサインを投手板から離れて受けるので、しばしば試合を遅延させている。これは悪い習慣であるから、監督及びコーチはこれを是正するように努めなければならない。
「注2」アマチュア野球では、本項ペナルティの後段を適用せず、このような遅延行為が繰り返されたときは、ボールを宣告する。
(9)バッターを狙って投球すること。このような反則行為が起きたと審判員が判断したときは、審判員は次のうちの何れかを選ぶことができる。
(A)そのピッチャーまたはそのピッチャーとそのチームの監督とを試合から除く。
(B)そのピッチャーと両チームの監督に再びこのような投球が行われたら、そのピッチャー(またはそのピッチャーの後に出場したピッチャー)と監督を退場させる旨の警告を発する。
  審判員は、反則行為が起きそうな状況であると判断したときは、試合開始前あるいは試合中を問わず、いつでも両チームに警告を発することができる。
  リーグ会長は、8.04に規定された権限によって、制裁を加えることができる。
「原注」バッターを狙って投球することは非スポーツマン的である。特に頭を狙って投球することは非常に危険であり、この行為は許されるべきではない。審判員は躊躇なく本規則を厳格に適用しなければならない。
「ペナルティ」ピッチャーが(C)項(2)〜(7)に違反した場合、球審は次のような処置をしなければならない。
(1)ピッチャーは直ちに試合から除かれ、自動的に出場停止となる。マイナーリーグでは、自動的に10試合の出場停止となる。
(2)球審が違反をしたにもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側の監督はそのプレイが終わってから直ちにそのプレイを生かす旨、球審に通告することができる。ただし、バッターがヒット、失策、四死球その他で1塁に達ししかも他の全ランナーが次塁に達するか、元の塁に留まっていた(次塁に達するまでにアウトにならなかった)ときには、反則とは関係なくプレイは続けられる。
(3)(2)項の場合でも、ピッチャーの反則行為は消滅せず、(1)項のペナルティは適用される。
(4)攻撃側の監督がそのプレイを生かすことを選択しなかった場合は、球審はランナーがいなければボールを宣告し、ランナーがいればボークとなる。
(5)ピッチャーが各項に違反したかどうかについては、審判員が唯一の決定者である。
「6.02d原注1」ピッチャーが(c)項(2)または(3)に違反しても、その投球を変化させる意図はなかったと球審が判断した場合は、本項のペナルティを適用せずに警告を発することができる。しかし、ピッチャーが違反を繰り返せば、球審はそのピッチャーにペナルティを科さなければならない。
「6.02d原注2」ロージンバッグにボールが触れたときは、どんなときでもボールインプレイである。
 雨天の場合または競技場が湿っている場合には、審判員はピッチャーにロージンバッグを腰のポケットに入れるよう指示する。(1個のロージンバッグを交互に使用させる)
 ピッチャーはこのロージンバッグを用いて、素手にロージンをつけることを許されるが、ピッチャー、野手を問わずプレーヤーはロージンバッグでボールまたはグラブにロージンをふりかけたり、またはユニフォームのどの部分にもこれをふりかけることは許されない。
「注」アマチュア野球では本項ペナルティを適用せず、一度警告を発した後、なおこのような行為が継続されたときには、そのピッチャーを試合から除く。