6.01 『妨害・オブストラクション・本塁での衝突プレイ』
(a)バッターまたはランナーの妨害
 次の場合は、バッターまたはランナーによるインターフェアとする。
(1)キャッチャーに捕球されていない第三ストライクの後、バッターランナーが投球を処理しようとしているキャッチャーを明らかに妨げた場合。
 バッターランナーはアウトになり、ボールデッドとなって、他のランナーはピッチャーの投球当時占有していた塁に戻る。
「原注」ピッチャーが、キャッチャーまたは審判員に触れて進路が変わり、その後にバッターランナーに触れた場合は、バッターランナーが投球を処理しようとしているキャッチャーを明らかに妨げたと審判員が判断しない限り、妨害とはみなされない。
「注」@第三ストライクの宣告を受けただけでまだアウトになっていないかまたはフォアボールの宣告を受けて1塁へ進むべきバッターランナーが、3塁からのランナーに対するキャッチャーの守備動作を明らかに妨害した場合は、そのバッターランナーをアウトとし、3塁からのランナーは、ピッチャーの投球当時占有していた3塁へ帰らせる。その他の各ランナーも、同様に帰塁させる。
A第三ストライクの宣告を受けて5.09(a)または同(3)でアウトになったバッターが、3塁ランナーに対するキャッチャーの守備動作を明らかに妨害したときは、6.01(a)(5)によって3塁から走ってきたランナーもアウトにする。
BAの場合で、重盗を防ごうとするキャッチャーの守備動作を明らかに妨害したときは、その対象となったランナーをアウトにして他のランナーは妨害発生の瞬間にすでに占有していた塁へ帰らせる。 もしも、キャッチャーの守備動作がどのランナーに対してなされたかが明らかでない場合は、本塁に近いランナーをアウトにする。(6.01a5「注」参照)
(2)バッターまたはランナーが、まだファウルと決まらないままファウル地域を動いている打球の進路を、どんな方法であろうとも故意に狂わせた場合。(5.09a9参照)
(3)無死または1死でランナー3塁のとき、バッターが本塁における野手のプレイを妨げた場合。
  この場合、ランナーがアウトになるが2死後の場合はバッターがアウトになる。(5.09b8、6.03a3参照)
「注」本項は5.09(b)(8)と異なる文字を用いているにすぎないから、ただ離塁しているにすぎない3塁ランナーを刺そうとするキャッチャーのプレイをバッターが妨げた場合などには適用されない。
(4)1人または2人以上の攻撃側メンバーがランナーが達しようとする塁に接近して立つか、あるいはその塁の付近に集合して守備側を妨げるか、惑乱させるかことさらに守備を困難にした場合そのランナーは味方のメンバーが相手の守備を妨害(インターフェア)したものとしてアウトを宣告される。
(5)アウトになったばかりのバッターまたはランナー、あるいは得点したばかりのランナーが、味方のランナーに対する野手の次の行動を阻止するか、あるいは妨げた場合はそのランナーは味方のプレーヤーが相手の守備を妨害(インターフェア)したものとして、アウトを宣告される。(5.09a13参照)
「原注」バッターまたはランナーがアウトになった後走り続けてもその行為だけでは野手を惑乱したり、邪魔したりまたは遮ったものとはみなされない。
「注」本項を適用するに当たって、2人または3人のランナーがある場合、妨げられた守備動作が直接1ランナーに対して行われようとしていたことが判明しているときはそのランナーをアウトにし、どのランナーに対して守備が行われようとしていたか判定しにくいときは、本塁に最も近いランナーをアウトにする。
 前項によって、一ランナーに対してアウトを宣告したときはボールデッドとなり、他のランナーは守備妨害の行われた瞬間すでに占有していた塁に帰らせる。
 ただし、打球を直接処理した野手がバッターランナーに対して守備を行わず、他のランナーに対して行おうとした守備が妨害された場合にはそのランナーをアウトにし、その他のランナーはピッチャーの投球当時占有していた塁へ戻らせる。しかしバッターランナーだけは再びバッターボックスに帰せないから1塁の占有を許す。
 なお、バッターがランナーとなって1塁へ進んだためにランナーに1塁を明け渡す義務が生じたときはそのランナーを2塁へ進ませる。例えば、無死満塁のときバッターがショートゴロして3塁からのランナーがフォースアウトにされ、その際そのランナーがキャッチャーがさらに3塁にボールを送ってダブルプレイを企てようとするのを突き飛ばして妨害したような場合、そのランナーと3塁に向かったランナーとはアウトになるが、バッターに1塁が与えられるので1塁のランナーは2塁に進むことが許されるような場合がそれである。
(6)ランナーが明らかにダブルプレーを行わせまいとして故意に打球を妨げるかまたは打球を処理している野手を妨害したと審判員が判断したとき、審判員はその妨害をしたランナーにアウトを宣告するとともに味方のプレーヤーが相手の守備を妨害したものとしてバッターランナーに対してもアウトを宣告する。この場合ボールデッドとなって他のランナーは進塁することも得点することもできない。
(7)バッターランナーが明らかにダブルプレーを行わせまいとして故意に打球を妨げるかまたは打球を処理している野手を妨害したと審判員が判断したとき、審判員はバッターランナーに妨害によるアウトを宣告するとともに、どこかでダブルプレーが行われようとしていたかには関係なく、本塁に最も近いランナーに対してもアウトを宣告する。この場合ボールデッドとなって他のランナーは進塁することはできない。
(8)3塁または1塁のベースコーチがランナーに触れるかまたは支えるかしてランナーの3塁または1塁への帰塁あるいはそれらの離塁を肉体的に援助したと審判員が認めた場合。
(9)ランナー3塁のときベースコーチが自己のボックスを離れて何らかの動作で野手の送球を誘致した場合。
(10)ランナーが打球を処理しようとしている野手を避けなかったかあるいは送球を故意に妨げた場合。
 ただし、2人以上の野手が接近して打球を処理しようとしており、ランナーがそのうち1人か2人以上の野手に接触したときには、審判員はそれらの野手のうちから本規則の適用を受けるのに最もふさわしい位置にあった野手を1人決定して、その野手に触れた場合に限ってアウトを宣告する。(5.09b3参照)
「原注」キャッチャーが打球を処理しようとしているときにキャッチャーと1塁へ向かうバッターランナーとが接触した場合は、守備妨害も走塁妨害もなかったとみなされて何も宣告されない。打球を処理しようとしている野手による走塁妨害は非常に悪質で乱暴な場合にだけ宣告するべきである。例えば打球を処理しようとしているからといってランナーを故意につまずかせるようなことをすれば、オブストラクションが宣告される。キャッチャーが打球を処理しようとしているのに、他の野手(ピッチャーを含む。)が1塁へ向かうバッターランナーを妨害したらオブストラクションが宣告されるべきで、バッターランナーには1塁が与えられる。
(11)野手(ピッチャーを含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域でランナーに触れた場合。
  ただし、ランナーがフェアボールに触れても、
(A)一旦内野手(ピッチャーも含む)に触れたフェアボールに触れた場合。
(B)一人の内野手(ピッチャーを除く)に触れないでその股間または側方を通過したフェアボールにすぐその後方で触れてもこの打球に対して他のいずれの内野手も守備する機会がない場合。
  には、審判員はランナーが打球に触れたからという理由でアウトを宣告してはならない。
 しかし、内野手が守備する機会を失った打球(内野手に触れたかどうかを問わない)でもランナーが故意にその打球を蹴ったと審判員が認めればそのランナーは妨害(インターフェア)をしたという理由でアウトの宣告を受けなければならない。(5.06c6、5.09b7参照)
インターフェアに対するペナルティ ランナーはアウトになりボールデッドとなる。
 審判員が、バッター、バッターランナーまたはランナーに妨害によるアウトを宣告した場合には、他のすべてのランナーは、妨害発生の瞬間にすでに占有していたと審判員が判断する塁まで戻らなければならない。ただし、本規則で別に規定した場合を除く。
「原注」バッターランナーが1塁に到達しないうちに妨害が発生したときは、すべてのランナーはピッチャーの投球当時占有していた塁に戻らなければならない。
 ただし、無死または1死のとき、本塁でのプレイでランナー得点した後、バッターランナーがスリーフットレーンの外を走って守備妨害でアウトが宣告されても、そのランナーはそのままセーフが認められて、得点は記録される。
「注」前記の”バッターランナーが1塁に到達しないうち、以下の段は、プレイが介在した後に妨害が発生した場合には適用しない。
「原注1」打球(フェアボールとファウルボールとの区別なく)を処理しようとしている野手の妨げになったと審判員によって認められたランナーは、それが故意であったか故意でなかったかの区別なくアウトになる。
 しかし、正規に占有を許された塁についていたランナーが、フェア地域とファウル地域との区別なく守備の妨げになった場合、審判員がその妨害を故意と判断したときを除いて、そのランナーはアウトにはならない。審判員が、その妨害を故意と宣告した場合には次のペナルティを科す。
 無死または1死のときは、そのランナーとバッターとにアウトを、2死後のときはバッターにアウトを宣告する。
「問」1死ランナー3塁のとき、3塁に触れているランナーが、3塁横に上がったファウルフライを捕らえようとする3塁手の守備の妨げになったので、3塁手は捕球できなかった。いかに処置すべきか。
「答」そのランナーが故意に守備を妨げたと審判員が認めれば、そのランナーとバッターにアウトを宣告する。
「原注2」3・本塁間で狭撃されたランナーが妨害によってアウトを宣告された場合には、後位のランナーはその妨害行為発生以前に、たとえ3塁を占めることがあってもその占有は許されず、2塁に帰らなければならない。また2・3塁間で挟撃されたランナーが妨害によってアウトになった場合も同様、後位のランナーは1塁に帰らなければならない。妨害が発生した場合には、いずれのランナーも進塁できないこと及びランナーは正規に次塁に進塁するまでは元の塁を占有しているものとみなされることがその理由である。
「注」ランナー1・3塁のとき3塁ランナーが3・本塁間で挟撃され、妨害によってアウトを宣告された場合、1塁ランナーがその妨害行為発生以前に2塁を占めておれば、1塁ランナーには2塁の占有が許される。
(b)守備側の権利優先
 攻撃側チームのプレーヤー、ベースコーチまたはその他のメンバーは打球あるいは送球を処理しようとしている野手の守備を妨げないように必要に応じて自己の占めている場所(ダッグアウト内またはブルペンを含む)を譲らなければならない。
 ランナーを除く攻撃側チームのメンバーが、打球を処理しようとしている野手の守備を妨害した場合は、ボールデッドとなって、バッターはアウトになり、すべてのランナーは投球当時に占有していた塁に戻る。
 ランナーを除く攻撃側チームのメンバーが、送球を処理しようとしている野手の守備を妨害した場合は、ボールデッドとなって、そのプレイの対象であったランナーはアウトとなり、他のすべてのランナーは妨害発生の瞬間に占有していた塁に戻る。
「原注」守備側の妨害とは、投球を打とうとするバッターを妨げたり、邪魔をする野手の行為をいう。
「注1」例えば、プレーヤーが2本のバットを持ってネクストサークルに入っていたとき、バッターがファウル飛球を打ち、これをキャッチャーが迫ってきたので、そのプレーヤーは1本のバットを持って場所を譲ったが、キャッチャーは取り残されたバットにつまずいたために、容易に捕らえることができたはずのファウル飛球を捕らえることができなかったような場合、プレーヤーの取り残したバットが、明らかにキャッチャーの捕球を妨げたと審判員が判断すれば、バッターはアウトになる。
「注2」例=バッターがショートにゴロを打ち、それを捕ったショートが1塁に悪送球した。捕りに行こうとした1塁ベースコーチは送球に当たるのを避けようとしてグラウンドに倒れ、悪送球を捕りに行こうとしたファーストと衝突した。バッターランナーは3塁まで到達した。妨害を宣告するかどうかは審判員の判断による。コーチが妨害を避けようとしたが避けきれなかったと判断すれば、妨害を宣告してはならない。
(c)キャッチャーの妨害
 キャッチャーまたはその他の野手が、バッターを妨害(インターフェア)した場合。しかし、妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには攻撃側チームの監督は、そのプレイが終わってから直ちに妨害行為に対するペナルティの代わりに、そのプレイを生かす旨を球審に通告することができる。
 ただし妨害にもかかわらずバッターがヒット、エラー、四死球、その他で1塁に達し、しかも他の全ランナーが少なくとも1個の塁を進んだときは妨害とは関係なくプレイは続けられる。
「原注」キャッチャーの妨害が宣告されてもプレイが続けられたときは、そのプレイが終わってからこれを生かしたいと監督が申し出るかもしれないから、球審はそのプレイを継続させる。
 バッターランナーが1塁を空過したりランナーが次塁を空過しても、(5.06b3付記)に規定されているように、塁に到達したものとみなされる。
 監督がプレイを選ぶ場合の例。
@1死ランナー3塁、バッターがキャッチャーに妨げながらも外野に飛球を打ち、捕球後3塁ランナーが得点した。監督は、バッターアウトで得点を記録するのと、ランナー3塁、1塁(バッターが打撃妨害により出塁)とのいずれかを選んでもよい。
A無死ランナー2塁、バッターはキャッチャーに妨げながらもバントしてランナーを3塁に進め自らは1塁でアウトになった。監督は無死ランナー2塁、1塁とするよりもランナー3塁で1死となる方を選んでもよい。
 3塁ランナーが盗塁またはスクイズプレイにより得点しようとした場合のペナルティは、6.01(g)に規定している。
 ピッチャーが投球する前にキャッチャーがバッターを妨害した場合、バッターに対する妨害とは考えられるべきではない。このような場合には、審判員は”タイム”を宣告して“出発点”からやり直させる。
「注1」監督がプレイを生かす旨を球審に通告するに当たってはプレイが終わったら、直ちに行わなければならない。なお、一旦通告したら、これを取り消すことはできない。
「注2」監督がペナルティの適用を望んだ場合、次のとおり解釈できる。
 キャッチャー(または他の野手)がバッターを妨害した場合バッターには1塁が与えられる。3塁ランナーが盗塁またはスクイズによって得点しようとしたときに、この妨害があった場合にはボールデッドとし、3塁ランナーの得点を認め、バッターには1塁が与えられる。
 3塁ランナーが盗塁またはスクイズで得点しようとしていなかったときに、キャッチャーがバッターを妨害した場合にはボールデッドとしバッターに1塁が与えられ、そのために塁を明け渡すことになったランナーは進塁する。盗塁を企てていなかったランナーと塁を明け渡さなくてもよいランナーは、妨害発生の瞬間に占有していた塁に留め置かれる。
(d)競技場内に入ることを公認された人の妨害
 競技場内に入ることを公認された人(試合に参加している攻撃側メンバー、またはベースコーチ、そのいずれかが打球または送球を守備しようとしている野手を妨害した場合、あるいは審判員を除く。)が競技を妨害したとき、その妨害が故意でないときは、ボールインプレイである。
 しかし、故意のときには、妨害と同時にボールデッドとなり、審判員は、もし妨害がなかったら競技はどのような状態になったかを判断して、ボールデッド後の処置をとる。(4.07a参照)
【原注】本条で除かれている攻撃側メンバーまたはベースコーチが、打球または送球を守備しようとしている野手を妨害した場合については、6.01(b)参照。審判員による妨害については5.06(c)(2)、同(6)及び5.0(b)(4)、ランナーによる妨害については5.09(b)(3)参照。
 妨害が故意であったか否かは、その行為に基づいて決定しなければならない。
 例えば、バットボーイ、ボールボーイ、警察官などが、打球または送球に触れないように避けようとしたが避けきれずに触れた場合は、故意の妨害とはみなされない。しかしボールをけったり、拾い上げたり、押し戻した場合には、本人の意思とは関係なく故意の妨害とみなされる。
(e)観衆の妨害
 打球または送球に対して観衆の妨害があったときは妨害と同時にボールデッドとなり、審判員は、もし妨害がなかったら競技はどのような状態になったかを判断して、ボールデッド後の処置をとる。
「規則説明」観衆が飛球を捕らえようとする野手を明らかに妨害した場合には、審判員はバッターに対してアウトを宣告する。
「原注」打球または送球がスタンドに入って観衆に触れたら、たとえ競技場内にはね返ってきてもボールデッドとなる場合と、観衆が競技場内に入ったり境界線から乗り出すか、その下または間をくぐりぬけてインプレイのボールに触れるか、あるいはプレーヤーに触れたりその他の方法で妨げた場合とは事情が異なる。後者の場合は故意の妨害として取り扱われる。バッターとランナーは、その妨害がなかったら競技はどのような状態になったかと審判員が判断した場所に置かれる。
 野手がフェンス、手すり、ロープから乗り出したり、スタンドの中へ手をさし伸べて捕球するのを妨げられても妨害とは認められない。野手は危険を承知でプレイしている。しかし、観衆が競技場内に入ったり、身体を競技場の方へ乗り出して野手の捕球を明らかに妨害した場合には、バッターは観衆の妨害によってアウトが宣告される。
例=1死ランナー3塁、バッターが外野深く飛球(フェアかファウルかを問わない)を打った。それを捕球しようとする外野手を明らかに妨害した。審判員は観衆の妨害によるアウトを宣告した。その宣告と同時にボールデッドとなり、審判員は打球が深かったので妨害されずに野手が捕球しても捕球後3塁ランナーは得点できたと判断して、3塁ランナーの得点を認める。本塁からの距離が近いほんの浅いフライに対しては妨害があってもこのような処置をとるべきではない。
(f)コーチ及び審判員の妨害
 送球が偶然ベースコーチに触れたり、投球または送球が審判員に触れた時も、ボールインプレイである。しかし、ベースコーチが故意に送球を妨害したばあには、ランナーはアウトになる。
「原注」審判員の妨害は、(1)盗塁を阻止しようとしたり、塁上のランナーをアウトにしようとするキャッチャーの送球動作を、球審が邪魔したり、阻んだり、妨げた場合、(2)打球が野手(ピッチャーを除く)を通過する前にフェア地域で審判員に触れた場合に起こる。
 キャッチャーの送球動作には、ピッチャーへの返球も含む。
(g)スクイズプレイまたは本塁の妨害
 3塁ランナーが、スクイズプレイまたは盗塁によって得点しようと試みた場合、キャッチャーまたはその他の野手がボールを持たないで、本塁の上またはその前方に出るか、あるいはバッターまたはバッターのバットに触れたときには、ピッチャーにボークを課して、バッターはインターフェアによって1塁が与えられる。この際はボールデッドとなる。
「注1」キャッチャーがボールを持たないで本塁の上またはその前方に出るか、あるいはバッターまたはバッターのバットに触れた場合は、すべてキャッチャーのインターフェアとなる。特に、キャッチャーがボールを持たないで本塁の上またはその前方に出た場合には、バッターがバッタースボックス内にいたかどうか、あるいは打とうとしたかどうかに関係なく、キャッチャーのインターフェアとなる。またその他の野手の妨害というのは、例えば、1塁手などが著しく前進してきて、ピッチャーの投球を本塁通過前にカットしてスクイズプレイを妨げる行為などを指す。
「注2」すべてのランナーは、盗塁行為の有無に関係なく、ボークによって1個の塁が与えられる。
「注3」本条は、ピッチャーの投球が正規、不正規に関わらず適用される。
「注4」ピッチャーが投手板を正規にはずしてランナーを刺そうと送球したときには、キャッチャーが本塁上またはその前方に出ることは、正規なプレイであって、バッターがこの送球を打てば、かえってバッターは守備妨害として処置される。
(h)オブストラクション
 オブストラクションが生じたときには、審判員は“オブストラクション”を宣告するかまたはそのシグナルをしなければならない。
(1)走塁を妨げられたランナーに対しプレイが行われている場合またはバッターランナーが1塁に触れる前にその走塁を妨げられた場合には、ボールデッドとし、塁上の各ランナーはオブストラクションがなければ達しただろうと審判員が推定する塁まで、アウトの恐れなく進塁することが許される。走塁を妨げられたランナーはオブストラクション発生当時すでに占有していた塁よりも少なくとも1個先の進塁が許される。走塁を妨げられたランナーが進塁を許されたために、塁を明け渡さなければならなくなった前位のランナー(走塁を妨げられたランナーより)は、アウトにされる恐れなく次塁へ進むことが許される。
「付記」キャッチャーはボールを持たないで得点しようとしているランナーの進路をふさぐ権利はない。塁線(ベースライン)はランナーの走路であるからキャッチャーは、まさに送球を捕ろうとしているか送球が直接キャッチャーに向かってきておりしかも充分近くにきていてキャッチャーがこれを受け止めるにふさわしい位置をしめなければならなくなったときが、すでにボールを持っているときだけしか塁線上に位置することができない。この規定に違反したとみなされるキャッチャーに対しては審判員は必ずオブストラクションを宣告しなければならない。
「原注」走塁を妨げられたランナーに対してプレイが行われている場合には審判員は“タイム”を宣告するときと同じ方法で両手を頭上にあげてオブストラクションのシグナルをしなければならない。オブストラクションのシグナルが行われたときは直ちにボールデッドとなる。しかし、審判員のオブストラクションの宣告がなされる前に野手の手を離れていたボールが悪送球となったときには、オブストラクションが発生しなければ、その悪送球によって当然許されるはずの塁がそのランナーに与えられるべきである。ランナーが2・3塁間で挟撃されすでに遊撃手からの送球がインフライトの状態のとき、3塁へ進もうとしたランナーが3塁手に走塁を妨げられたとき、その送球がダッグアウトに入った場合そのランナーには本塁が与えられる。この際、他のランナーに関しては、オブストラクションが宣告される以前に占有していた塁を基準として2個の塁が与えられる。
「注1」内野手におけるランダウンプレイ中にランナーが走塁を妨げられたと審判員が判断した場合はもちろん、野手が、ランナー(1塁に触れた後のバッターランナーを含む)をアウトにしようとして、そのランナーが進塁を企てている塁へ直接送球していたときに、そのランナーが走塁を妨げられたと審判員が判断した場合も同様、本項が適用される。
「注2」例えばランナー2・3塁のとき3塁ランナーがピッチャーに追い出されて3・本塁間で挟撃され、この間を利して2塁ランナーは3塁に達していたところ挟撃されていたランナーが3塁へ帰ってきたので2塁ランナーは元の塁へ戻ろうとし2・3塁間で挟撃された。しかし、このランダウンプレイ中に2塁ランナーはボールを持たない2塁手と衝突したような場合審判員が2塁手の走塁妨害を認めればオブストラクションを宣告しボールデッドとして、2塁ランナーを3塁へ、3塁ランナーを本塁へ進める処置をとる。
「注3」例えばランナー1塁、バッターがレフト線にヒットしたとき左翼手は1塁ランナーの3塁への進塁を阻もうとして3塁へ送球したが、1塁ランナーは2塁を越えたところでボールを持たない遊撃手と衝突したような場合、審判員が遊撃手の走塁妨害を認めれば、オブストラクションを宣告して、ボールデッドにし、1塁ランナーに3塁の占有を許す。バッターについては、審判員がオブストラクション発生時の状況を判断して、2塁へ達したであろうとみれば2塁の占有を許すが、2塁へ進めなかったとみれば1塁に留める。
「注4」例えばランナー1塁、バッターが1ゴロしたとき、ゴロを捕った1塁手は1塁ランナーをフォースアウトにしようと2塁へ送球したが、1塁へ向かっているバッターと1塁へ入ろうとしたピッチャーとが1塁の手前で衝突したような場合、審判員がピッチャーの走塁妨害を認めれば、オブストラクションを宣告して、ボールデッドにする。この際、審判員がオブストラクションよりも2塁でのフォースアウトが後に成立したと判断したときには、バッターランナーを1塁に、1塁ランナーを2塁に進める。これに反して、オブストラクションより2塁でのフォースアウトが先に成立していたと判断したときにはバッターランナーの1塁占有を認めるだけで1塁ランナーの2塁でのフォースアウトは取り消さない。
(2)走塁を妨げられたランナーに対してプレイが行われていなかった場合には、すべてのプレイが終了するまで試合は続けられる。審判員はプレイが終了したのを見届けた後に、はじめて“タイム”を宣告し、必要とあれば、その判断で走塁妨害によって受けたランナーの不利益を取り除くように適宜な処置をとる。
「原注」本項規定のようにオブストラクションによってボールデッドとならない場合、走塁を妨げられたランナーが、オブストラクションによって与えようと審判員が判断した塁よりも余分に進んだ場合は、オブストラクションによる安全進塁権はなくなり、アウトを賭して進塁したこととなり、タッチされればアウトになる。このアウトは、審判員の判断に基づく裁定である。
「注1」例えばランナー2塁のときバッターがレフト前ヒットした。左翼手は本塁をうかがった2塁ランナーをアウトにしようと本塁へ送球した。バッターランナーは1塁を越えたところで1塁手にぶつかったので審判員はオブストラクションのシグナルをした。左翼手の本塁への送球はキャッチャーの頭上を越す悪送球となったので2塁ランナーは、やすやすと得点することができた。オブストラクションを受けたバッターランナーはボールが転じているの見て2塁を越え3塁をうかがったところボールを拾ったピッチャーからの送球を受け3塁手に3塁到達前にタッチされたような場合審判員がバッターランナーにはオブストラクションによって2塁しか与えることができないと判断したときには3塁でのアウトは認められる。これに反して、バッターランナーが3塁手のタッチをかいくぐって3塁に生きたような場合、その3塁の占有は認められる。いずれの場合も、2塁ランナーの得点は認められる。
「注2」例えばバッターが3塁打と思われるような長打を放ち1塁を空過した後、2塁を経て3塁に進もうとしたとき遊撃手に妨げられて3塁へ進むことができなかったような場合審判員はこの反則の走塁を考慮することなく妨害がなければ達したと思われる3塁へ進めるべきである。もし野手がバッターの1塁空過を知ってアピールすればそのバッターはアウトになる。走塁の失敗はオブストラクションとはなんら関係がないからである。
(i)本塁での衝突プレイ
(1)得点しようとしているランナーは、最初からキャッチャー又は本塁のカバーに来た野手(ピッチャーを含む。以下「野手」という。)に接触しようとして、又は避けられたにもかかわらず最初から接触をもくろんで走路から外れることはできない。もし得点しようとしたランナーが最初からキャッチャー又は野手に接触しようとしたと審判員が判断すれば、キャッチャー又は野手がボールを保持していたかどうかに関係なく、審判員はそのランナーにアウトを宣告する。その場合、ボールデッドとなって、すべての他のランナーは接触が起きたときに占有していた塁(最後に触れていた塁)に戻らなければならない。ランナーが正しく本塁に滑り込んでいた場合には、本項に違反したとはみなされない。
「原注」ランナーが触塁の努力を怠って、肩を下げたり、手、肘又は腕を使って押したりする行為は、本項に違反して最初からキャッチャー又は野手と接触するために、又は避けられたにもかかわらず最初から接触をもくろんで走路を外れたとみなされる。ランナーが塁に滑り込んだ場合、足からのスライディングであれば、ランナーの尻及び脚がキャッチャー又は野手と接触する前に地面に落ちたとき、またヘッドスライディングであれば、キャッチャー又は野手がランナーの走路をブロックした場合は、本項に違反してランナーが避けられたにもかかわらず接触をもくろんだということを考える必要はない。
(2)キャッチャーがボールを持たずに得点しようとしているランナーの走路をブロックすることはできない。もしキャッチャーがボールを持たずにランナーの走路をブロックしたと審判員が判断した場合は、審判員はそのランナーにセーフを宣告する。前記にかかわらず、キャッチャーが送球を実際に守備しようとしてランナーの走路をふさぐ結果になった場合(たとえば、送球の方向、軌道、バウンドに反応して動いたような場合)には、本項に違反したとはみなされない。また、ランナーがスライディングすることでキャッチャーとの接触を避けられたならば、ボールを持たないキャッチャーが本項に違反したとはみなされない。
 本塁でのフォースプレイはには、本項を適用しない。
「原注」キャッチャーが、ボールを持たずに本塁をブロックするか(または実際に送球を守備しようとしていないとき)、及び得点しようとしているランナーの走塁を邪魔するか、阻害した場合を除いて、キャッチャーは本項に違反したとはみなされない。審判員が、キャッチャーが本塁をブロックしたかどうかに関係なく、ランナーはアウトを宣告されていただろうと判断すれば、キャッチャーがランナーの走塁を邪魔又は阻害したとはみなされない。また、キャッチャーは、滑り込んでくるランナーに触球するときには不必要かつ激しい接触を避けるために最大限の努力をしなければならない。滑り込んでくるランナーと日常的に不必要なかつ激しい接触(例えば、膝、レガース、肘又は前腕を使って接触をもくろむ)をするキャッチャーはリーグ会長の制裁の対象となる。
「注」我が国では、本項の(1)、(2)ともに、所属する団体の規定に従う。

(j)併殺を試みる塁へのスライディング
 ランナーがダブルプレイを成立させないために、”正しいスライディング”をせずに、野手に接触したり、接触しようとすれば、本条によりインターフェアとなる。
(1)ベースに到達する前からスライディングを始め(先に地面に触れる)、
(2)手や足でベースに到達しようとし、
(3)スライディング終了後は(本塁を除き)ベース上にとどまろうとし、
(4)野手に接触しようとして走路を変更することなく、ベースに達するように滑り込む。
”正しいスライディング”をしたランナーは、そのスライディングで野手に接触したとしても、本条によりインターフェアとはならない。また、ランナーの正規の走路に野手が入ってきたために、ランナーが野手に接触したとしてもインターフェアとはならない。
 前記にもかかわらず、ランナーがロールブロックをしたり、意図的に野手の膝や送球する腕、上半身より高く足を上げて野手に接触したり、接触しようとすれば、”正しいスライディング”とはならない。
 ランナーが本項に違反したと審判員が判断した場合、ランナーとバッターランナーにアウトを宣告する。そのランナーがすでにアウトになっている場合については、守備側がプレイを試みようとしているランナーにアウトが宣告される。
「注」我が国では、所属する団体の規定に従う。