5.03 『ベースコーチ』
(a)攻撃側チームは攻撃期間中、2人のベースコーチ―1人は1塁近く、1人は3塁近く―を所定の位置につかせなければならない。
(b)ベースコーチは各チーム特に指定された2人に限られ、そのチームのユニフォームを着なければならない。
(c)ベースコーチは、本規則に従いコーチスボックス内にとどまらなければならない。ただし、コーチが、プレーヤーに「滑れ」「進め」「戻れ」とシグナルを送るために、コーチスボックスを離れて、自分の受け持ちのベースで指示することは、プレイを妨げない限り許される。ベースコーチは、用具の交換を除き、特にサイン交換がなされている場合などには、ランナーの身体に触れてはならない。
ペナルティ コーチは、打球が自分を通過するまで、コーチスボックスを出て、本塁寄り及びフェア地域寄りに立っていてはならない。相手チーム監督の異議申し出があったら、審判員は、規則を厳しく適用しなければならない。審判員は。そのコーチに警告を発し、コーチスボックスに戻るように指示しなければならない。警告にもかかわらず、コーチスボックスに戻らなければ、そのコーチは試合から除かれる。加えて、リーグ会長が制裁を科す対象とする。
「注1」監督が指定されたコーチに代わって、ベースコーチとなることは差し支えない。
「注2」アマチュア野球では、ベースコーチを必ずしも特定の2人に限る必要はない。
「注3」コーチがプレイの妨げにならない範囲でコーチスボックスを離れて指図することは許されるが、例えば3塁コーチが本塁付近にまで来て得点しようとするランナーに対して「滑れ」とシグナルを送るようなことは許されない。