3.06 『野手のグラブ』
 キャッチャー以外の野手の皮製グラブの重量には制限がない。グラブの寸法を測るには、計量具または巻尺をグラブの前面またはボールをつかむ側に接触させ、外形をたどるようにする。その大きさは、縦が4本の指の各先端から、ボールが入る個所を通ってグラブの下端まで1312インチ(33.030.5センチ)以下、手のひらの幅は、人差し指の下端の内側の縫い目から、各指の下端を通って小指外側の縁まで73/4インチ(19.7センチ)以下である。
 親指と人差し指との間、いわゆる叉状の部分(クロッチ)に皮のウェブまたは壁形の皮製品を取り付けてもよい。ウェブはクロッチをぴったりふさぐように2枚の普通の皮を重ね合わせて作っても、トンネル形の皮や長方形の皮をつなぎ合わせて作っても、または皮ひもを編んだもので作ってもよいが、わな(トラップ)のようなあみ形にするために皮以外のものを巻き付けたり皮以外のもので包むことは許されない。ウェブがクロッチをきっちりふさいだとき、ウェブは柔軟性があっても差し支えない。数個の部品をつなぎ合わせてウェブを作るにあたって、それぞれをぴったりとくっつけなければならない。しかし、部品を湾曲させてくぼみを大きくさせてはならない。ウェブはクロッチの大きさを常に制御できるように作らなければならない。
 クロッチの大きさは、その先端の幅が41/2インチ(11.4センチ)以下、深さが53/4インチ(14.6センチ)以下、下端の幅が31/2インチ(8.9センチ)以下である。ウェブはクロッチの上下左右度の部分にでも、きっちりと取り付けられていなければならない。皮のしめひもで結び付けられたものは、しっかりとつなぎ合わされ、伸びたりゆるんだりしたときには、正常の状態に戻さなければならない。
「注」我が国では、縦の大きさを先端から下端まで13インチ(33.0センチ)以下とする。